講座no. 1805

MBAのエッセンスを短期間で学ぶ!

米国医療でおきているイノベーションと日本医療の変化

~医療の変化を米国から学ぶ~

2018年09月29日(土)

こちらの講座・セミナーは申込み締切が過ぎましたのでお申込みできません。

申込みはこちら

申込み締切:2018年09月20日(木) 00:00

プログラム概要
世界的に問題になっていることのひとつは、人口の高齢化とそれに伴う医療や介護の提供であることは論を待たない。国民皆保険を持たない米国も例外ではない。一方、イノベーションの本場は米国である、本講座では、大きな変化がおきている米国医療について、ハーバード大学公衆衛生大学院に留学されていた厚労省佐藤豪竜氏をお呼びして、米国医療の変化を学び、その変化が日本にとってどのような意味があるのか、日本でのヘルスケアビジネスに及ぼす影響を考えて見たい。 (※ 講義内容は都合により変更する場合があります。)
MBAエッセンス講座は、中央大学ビジネススクールで教鞭をとる教員が担当します。ビジネススクールに興味のある方、将来MBA取得を目指す方のトライアルにもお勧めです。
後楽園、春日は忙しいビジネスパーソンも通いやすい理想的なロケーション。ライトアップされた東京ドームがウエルカムサインです。

定員

30名

受講料(税込)

  • 一般 20,000
  • 中央大学ビジネススクール在学生 10,000
  • 中央大学ビジネススクール修了生 14,000
  • 中央大学大学院在学生 16,000
  • 中央大学卒業生 16,000
  • 当年度リピーターの方 16,000
  • 前年度リピーターの方 18,000
  • 紹介制度ご利用の方 16,000
  • 団体(5名以上)のお申し込みの方 16,000
  • その他 20,000

プログラム情報

開講日 テーマ 内容

開講日

2018年
9/29(土)
10:30~12:00

テーマ

担当:真野教授

内容

日本の医療レベルの国際比較による再認識

開講日

2018年
9/29(土)
13:00~14:30

テーマ

担当:佐藤氏

内容

米国医療におきている変化

開講日

2018年
9/29(水)
14:40~16:10

テーマ

担当:真野教授

内容

米国の病院と日本への変化を考える
受講をおすすめしたい方
・米国医療について学びたい方
・米国の変化を知りたい方 
・日本の医療の今後について考えてみたい方
・医療ビジネスに参入したい方
・CBSでヘルスケアについて学びたい方
真野教授から一言
毎年、米国医療への視察をしておりますが、今回はボストンにも行きました。そこで受けた、佐藤さんからのレクチャーは非常に整理されたものでした。佐藤さんからは主に制度の話、私からは米国病院の変化の話をさせていただきます。

講師

サトウ コウリュウ 佐藤 豪竜

厚生労働省大臣官房国際課 課長補佐

略歴

2009年東京大学経済学部卒業、同年厚生労働省入省。ハーバード大学大学院修了(公衆衛生学修士)。東京大学大学院医学系研究科客員研究員。厚生労働省では、職業安定局、社会保障担当参事官室、保険局を経て現職。

マノ トシキ 真野 俊樹

中央大学ビジネススクール(専門職大学院戦略経営研究科)教授

略歴

1987年名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、総合内科専門医、MBA。臨床医、製薬企業のマネジメント、大和総研主任研究員などを経て現職。多摩大学特任教授、東京都病院経営評価委員、厚生労働省独立行政法人評価有識者委員などを兼務。『入門 医療政策』『医療危機-高齢社会とイノベーション』(いずれも中央公論新社)、など著書多数。

申込みはこちら

申込み締切:2018年09月20日(木) 00:00

  • 申込締切

    2018年09月20日(木) 00:00

  • 問い合わせ先

    中央大学ビジネススクール 戦略経営アカデミー事務局